• ホーム
  • 「ノルレボ」よりも値段が安いジェネリック「アイピル」の効果は?

「ノルレボ」よりも値段が安いジェネリック「アイピル」の効果は?

考えている女性

アイピルはノルレボのジェネリック医薬品で、有効成分はレボノルゲストレルですが成分の開発費や広告費などが抑えられているため、かなり安く購入することができます。また通販サイトを利用することで簡単に購入することができ、国内で処方されている一般的なアフターピルはノルレボですが、アイピルも安いことで知られています。アイピルはなんども服用するものではなく、性行為の避妊に失敗した可能性があるときに1回だけ服用するので、飲み忘れなどのリスクがないです。

またジェネリック医薬品なので、費用の負担が少ないという大きなメリットがあります。アイピルは緊急避妊薬ですがその作用は排卵を止めることで排卵しないことで、受精する機会もないですし、妊娠する可能性がなくなります。排卵や受精が行われていたとしても、子宮内膜の増殖を抑えるので、受精卵が着床しにくい環境を作ります。避妊に失敗した性交渉の後72時間以内に服用することで、それらの避妊効果を発揮していきます。

月経周期ごとの妊娠か確率を考慮した妊娠阻止率は81%にもなり、海外の臨床試験でも1,198人のうち16人が妊娠したということで、妊娠阻止率は84%になります。性交渉の後からの避妊ができる可能性が高いことがわかりますが、どちらにしても100%阻止できるものではありません。また有効成分でもあるレボノルゲストレルは、エッセンシャルドラッグと指定されていて国際的にも標準的な緊急避妊法として知られています。

第2世代の強めの黄体ホルモンになりますが、低用量ピルにも採用されており認知度が高いです。処方してもらうには基本的には医師の診察が必要ですが、個人輸入通販サイトでも取り扱いがあります。値段はジェネリック医薬品であるがゆえ、先発医薬品よりも安いことが特徴です。72時間以内に服用することで高い避妊効果が期待できますし、避妊に失敗したとされる性行為の後にできるだけ早く服用することが大切で避妊に成功する確率が上がります。避妊に失敗することは予期せぬタイミングで起こるので、いち早くアフターピルを購入して飲むことも大切ですがひとまず落ち着くことが大切です。

アイピルの価格は1錠入りで1,200円ですが、先発薬のノルレボは1錠入りで3,320円なので倍以上の値段の差があります。また薬を処方してもらったら時間を置くことなくすぐに服用することが大切で、薬を飲んでも妊娠する可能性があることは知って置くことが大切です。