• ホーム
  • アフターピルと普段使いの低用量ピルはそもそも種類が違う!2つの違いは何?

アフターピルと普段使いの低用量ピルはそもそも種類が違う!2つの違いは何?

微笑む女性

アフターピルと低用量ピルはピルとしての共通点がありますが、それぞれの効果は全く違います。低用量ピルは妊娠に対して事前の予防になりますが、アフターピルは文字通りで性交渉の後に服用する薬です。早く飲めばそれだけ効果が高まるとされていて、性交渉の後12時間以内に服用することが最も妊娠阻止率が高まります。排卵を抑制したり遅らせることで受精を防ぐことができ、最終的には72時間以内に服用すれば効果があることも特徴です。

副作用はとても少なく安全性の高いピルですが、吐き気がおこることもあり、万が一服用してから2時間以内嘔吐をすれば、薬剤が吸収されることなく排出される可能性が高くなります。その場合はさらに追加で服用する必要がありますが、まずは専門医へ相談をすることが大切です。性行為がある場合はどのように注意をしていても、妊娠する可能性があり避妊に失敗したり、トラブルに巻き込まれてしまう可能性も少なからずあります。アフターピルの場合は時間が一番大切で、すぐに服用できるようにしますが基本的に病院で処方してもらいます。

病院で受診することについて不安がある人は、通販で購入することができ、誰にも知られずに使えます。ホルモンバランスを急激に変化させるので、常用すれば危険があり万が一の時だけに使用することが大切です。低用量ピルは国内では多くの人が使用しているわけではありませんが、海外では女性が愛用していることが多いのも特徴になります。避妊効果を期待して使っている人もいますが、生理不順や生理痛の軽減の治療にも使われることがあります。

正しく服用することで100%避妊効果があるとされ、婦人科やクリニックで処方してもらえます。低用量ピルは特に女性ホルモンに似ているエストロゲン・プロゲステロンの2つの成分が配合されます。服用すればこれらのホルモンが体内で分泌されたのと同じ状態になり、妊娠する時と同じホルモンバランスになります。これにより脳が妊娠していると錯覚をするので、排卵を起こすことがなくなるのが定用量ピルの効果です。

子宮内膜に受精卵が着床しにくい状態を作り、精子を子宮に入りにくくする効果もあります。低用量ピルには複数の種類があり、服用のタイミングは種類によって違うので専門医の指示に従って正しく服用することが大切です。基本的に1日1錠のみの服用を同じ時間で飲み続けますが、飲み忘れた場合は一旦服用を中止する必要があります。そして次の月経が始まってから再度始めることになるので、できる限り飲み忘れがないようにすることも違いの一つです。