• ホーム
  • アフターピルの服用方法!飲むのは性行為から早ければ早いほど良い

アフターピルの服用方法!飲むのは性行為から早ければ早いほど良い

心配している女性

アフターピルの服用方法は避妊が失敗したと考えられる性交渉の後、72時間以内に服用することが大切です。服用する時刻・時間帯は特に定められておらず、できるだけ早く服用することが基本になります。服用すればかならず妊娠が阻止されるものではないですし、その時の性交渉による妊娠は阻止されたとしても、次の性交渉で再び避妊に失敗すれば、妊娠する可能性があるので適切な避妊が必要です。服用後に消退出血と言われる月経のような出血が見られることもありますが、特に心配することがありません。

副作用として頭痛や吐き気・倦怠感や極度の眠気などが現れることがありますが、人によっては特に頭痛・吐き気が強く出る可能性があります。万が一服用してから2時間以内に吐き気があり嘔吐してしまった時は、薬剤が体に吸収されていない可能性があるので無効になったと判断し、再度服用する必要がありますが専門医にまず相談します。また服用した後には一時的な月経不順があり、月経周期や出血が続く日数・量に対して、一時的な変化が見られることもあります。月経かもしれない出血があっても1ヶ月後に再度受診し、妊娠して以内かどうかの診察を受けることが大切です。

基本的なアフターピルの服用方法は大切ですが、通常の月経と不正出血や妊娠初期の出血は区別がつかないことがあります。生理が来たと判断していたら、その出血が不正出血や妊娠初期の出血であり妊娠していたという可能性もあるからです。何らかの理由でどうしても婦人科やクリニックを受診できない人は、それに変わる最低限のこととして市販の妊娠検査薬をすることもできます。これには月経のような出血がある場合や、ない場合も関係なく調べる必要があり確実に妊娠していないことを確認します。

薬の成分は特に乳汁の中に移行するので、授乳している人は服用してから24時間は授乳は控えます。また乳房にすでに溜まっている乳汁は搾乳機などで絞って、破棄して授乳を再開していきます。服用するには避妊に失敗した性行為の後12時間以内に服用すれば、一番妊娠阻止率が高くなりますがそれ以降でも72時間以内には必ず服用するようにします。最高120時間以内の服用が可能なアフターピルもありますが、妊娠阻止率が若干低くなることや、価格の面で高額になるのでできるだけ早く服用することがポイントです。またコップ一杯の水かぬるま湯で服用し、食前や食後はあまり気にすることはありません。