• ホーム
  • 生理周期に異常が起こったときの症状の特徴と未然に防ぐためにできること

生理周期に異常が起こったときの症状の特徴と未然に防ぐためにできること

生理周期の特徴には個人差がありますが生理の一般的な周期は25?38日間とされていて、もし39日以上間隔が開く長い周期であれば稀発月経である可能性が高いです。この原因は卵巣の働きが不十分であることにより、ホルモンが順調に分泌されていないことが考えられます。稀発月経であっても排卵がある場合は妊娠や出産をすることが可能で、無排卵周期になっていることも見られます。1?2ヶ月間様子を見てもまだ間隔が長い状態が続いていれば、婦人科やクリニックを受診し血液検査をしてホルモンバランスの状態を確認します。

基礎体温を測ることで排卵の有無を調べることができるので、毎朝行うこともできます。その逆で生理の周期が24日以下になる短いサイクルの時は、頻発月経といい原因は卵巣の働きが落ちていることです。またストレスによってホルモン分泌の乱れが考えられていて、黄体ホルモンの分泌が不十分だったり排卵日から生理が始まるまでの期間が短い時もあり、これは黄体機能不全と呼んでいます。黄体ホルモンが不足することで、子宮内膜が十分に成熟しないので妊娠がしにくい状態だったり、妊娠しても流産が起こりやすくなります。

妊娠・出産を希望している人は、できるだけ早めに婦人科を受診してホルモンの分泌状態を調べてもらいます。生理の期間が8日以上だらだらと続く特徴があり過長月経といいますが、この原因はホルモンバランスが乱れたり、子宮の病気であることが考えられます。もしホルモンバランスの乱れが原因であれば、視床下部や脳下垂体・卵巣安堵の女性ホルモンの分泌に関係している期間に問題があり、無排卵周期になっている可能性があります。黄体ホルモンの分泌が不十分であれば黄体機能不全になっている可能性がありますし、出血量が増えて経血自体にレバー状の塊がある時も注意が必要です。

生理痛がひどく異常がある時は過多月経と呼ばれますが、子宮筋腫や子宮腺筋症・子宮内膜症や子宮ガン・ポリープなど様々な疾患が原因になっている可能性もあります。経血量が極端に少ない時でナプキンの表面に経血が少しつく程度で終了する状態を、過少月経といい月経が2日以内で終わる場合を過短月経といいます。女性ホルモンの分泌が少ないので子宮内膜の厚み自体が薄かったり、子宮自体の発育不全が考えられます。

甲状腺機能異常が原因であることあり、長い間放置すれば不妊の原因にもなりホルモン剤などでの治療を行います。また卵巣の老化は35歳頃から次第に始まっていき、更年期の前段階でもあるプレ更年期で生理周期が乱れ始めたり、経血量が減る人は閉経に向けて変化が起こっている可能性もあります。